🥑 できるだけ早く体重を減らすための3つの簡単なステップ. 今すぐ読む

赤ワイン良いのか悪いのか?

赤ワインとその健康効果

この記事では、赤ワインとその健康への影響について詳しく見ていきます。適度な量はとても健康的ですが、飲み過ぎると壊滅的な影響を及ぼします.

証拠に基づく
この記事は、専門家によって書かれ、専門家によって事実が確認された科学的証拠に基づいています。
私たちは議論の両側を見て、客観的で、公平で、正直になるよう努めます。
最終更新日は 2022年8月19日、専門家による最終レビューは 2022年7月6日です。

赤ワインの健康効果については、以前から議論されてきました.

多くの人が、毎日1杯のワインは健康的な食生活の貴重な一部であると信じているが、一方でワインはやや過大評価されていると考える人もいる。.

適度な赤ワインの消費は、心臓病を含むいくつかの病気のリスクを下げるらしいことが、研究によって繰り返し示されている.

ただし、適度な摂取と過剰摂取は紙一重です.

この記事では、赤ワインとその健康効果について詳しく見ていきます。.

赤ワインとは何か、どのように作られるのか?

赤ワインは、色の濃いブドウを丸ごと破砕し、発酵させてつくられる.

赤ワインには多くの種類があり、味や色も様々である。一般的な品種としては、シラーズ、メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、ピノ・ノワール、ジンファンデルなどがある。.

アルコール度数は通常12~15度%.

適度な量の赤ワインを摂取することは、健康に良いことが分かっています。これは主に、強力な抗酸化物質が多く含まれていることに起因しています.

また、ワインに含まれるアルコールは、適度なワイン摂取の利点のいくつかに寄与していると考えられている.

概要: 赤ワインは、色の濃いブドウを丸ごと発酵させてつくられます。抗酸化物質が多く含まれており、適量を飲むと健康に良い。.

フレンチパラドックス

赤ワインは「フレンチ・パラドックス」の原因であるとよく言われる。.”

この言葉は、フランス人は飽和脂肪酸やコレステロールを多く摂取しているにもかかわらず、心臓病の発症率が低いという観察に由来している.

専門家の中には、赤ワインがフランス国民をこれらの栄養素の害から守る食事剤であると考える人もいた。.

糖尿病の人に最適なお酒の種類5選
あなたへの提案: 糖尿病の人に最適なお酒の種類5選

しかし、新たな研究により、食事から摂取するコレステロールや飽和脂肪は、適量であれば心臓病の原因にならないことが明らかになりました.

フランス人が健康であることの本当の理由は、おそらく、より多くのホールフーズを食べ、全体的に健康的なライフスタイルを送っていることでしょう。.

概要: フランス人の健康は赤ワインに起因するという説があり、フレンチパラドックスの主な説明とされている。.

赤ワインには、レスベラトロールをはじめとする強力な植物性化合物と抗酸化物質が含まれている

ぶどうには、多くの抗酸化物質が含まれています。レスベラトロール、カテキン、エピカテキン、プロアントシアニジンなどです。.

これらの抗酸化物質、特にレスベラトロールとプロアントシアニジンは、赤ワインの健康効果に関与していると考えられている.

プロアントシアニジンは、体内の酸化的なダメージを軽減する可能性があります。また、心臓病や癌の予防にも効果が期待できます.

レスベラトロールは、ブドウの皮に含まれています。一部の植物で、損傷や傷害に対する反応として生成される。.

あなたへの提案: じゃがいも。良いのか悪いのか?

この抗酸化物質は、炎症や血液凝固と戦い、心臓病や癌のリスクを減らすなど、多くの健康上の利点と関連しています。レスベラトロールは実験動物を長生きさせることもできる.

しかし、赤ワインに含まれるレスベラトロールの含有量は、かなり少ない。動物実験で使用された量に達するには、1日に数本摂取する必要があります。明らかな理由から、これは推奨されません。.

レスベラトロールを摂取するためにワインを飲むのであれば、サプリメントから摂取するのがよいでしょう。.

概要: 赤ワインに含まれる強力な植物性化合物は、炎症の軽減、心臓病やがんのリスクの低下、寿命の延長など、多くの健康上の利点と関連しています。.

赤ワインが心臓病、脳卒中、早期死亡のリスクを下げる可能性

少量の赤ワインは、他のどのアルコール飲料よりも健康上の利点があるとされている.

ワインの摂取量と心臓病のリスクの関係を説明するJ字型のカーブがあるようです.

1日に約150ml(5オンス)の赤ワインを飲む人は、飲まない人に比べてリスクが約32%低いようです。.

あなたへの提案: 大豆:良いか悪いか?

しかし、摂取量が多いと心臓病のリスクは飛躍的に高まります.

少量の赤ワインを飲むと、血中の「善玉」HDLコレステロールを保持するのを助けることによって、心臓病のリスクを減らすことができるかもしれません。酸化ダメージと “悪玉 “LDLコレステロールの酸化も最大50%減少する可能性があります。%.

いくつかの研究によると、高齢者のようにすでに心臓病のリスクが高い人々は、適度なワインの消費でさらに恩恵を受ける可能性があるとのことです.

さらに、1日にグラス1~3杯の赤ワインを週に3~4日飲むと、中年男性の脳卒中のリスクが低下する可能性があること.

ある研究では、1日にグラス2-3杯のアルコール添加赤ワインを飲むと、血圧を下げる可能性があることが示されました。.

多くの研究で、ワインを適度に飲む人は、飲まない人、ビールやスピリッツを飲む人に比べて、心臓病による死亡リスクが低いことが示されています。.

概要: 毎日グラス1~2杯の赤ワインを飲むと、心臓病や脳卒中のリスクを下げる可能性がある。しかし、多量に飲むとリスクが高まる可能性がある.

赤ワインを飲むと得られるその他の健康効果

赤ワインには、他にもいくつかの健康効果がありますが、その多くは強力な抗酸化物質に起因しています。.

コーヒーはあなたの脳に良いですか?
あなたへの提案: コーヒーはあなたの脳に良いですか?

赤ワインの摂取は、以下のことに関連しています。:

適度な量の赤ワインが体に良いことは明らかなようです。しかし、考慮すべき重要なマイナス面もあり、それは以下の通りです。.

概要:適度な赤ワインの摂取は、いくつかのがん、認知症、うつ病のリスクを低減する可能性がある。また、インスリン感受性を高め、女性の2型糖尿病の発症リスクを低下させる可能性もある.

アルコールの飲み過ぎによる健康への悪影響

適度な量の赤ワインは健康に良いですが、アルコールの摂りすぎは健康に壊滅的な影響を及ぼします。その例としては:

あなたへの提案: 良い炭水化物、悪い炭水化物—正しい選択をする方法

概要:アルコール飲料の過剰摂取は、アルコール依存症、肝硬変、体重増加などを引き起こす可能性があります。また、うつ病、病気、早死にのリスクを高める可能性がある.

赤ワインは飲むべきですか?飲むとしたら、どの程度??

赤ワインが好きなら、推奨量を超えない限り心配する必要はありません。.

あなたへの提案: スクラロース(Splenda)は良いですか悪いですか?

欧米では、適度な赤ワインの消費は、以下のように考えられています。:

また、毎週1-2回アルコールフリーの日を設けることを推奨している資料もあります。.

これは、アルコールの総摂取量であることに留意してください。この量の赤ワインに加え、他のアルコール飲料を飲むと、簡単に過剰摂取の範囲に入る可能性があります。.

薬物乱用の経験がある場合は、ワインやその他のアルコール飲料は完全に避けた方がよいでしょう。また、家族にアルコール依存症の人がいる場合は、十分に注意してください。.

概要:赤ワインの適度な摂取量は、1日1~2杯と定義されています。また、少なくとも週に1-2日はアルコールを摂取しない日を設けることが推奨されています.

概要

赤ワインにはいくつかの健康効果があるとされているが、いずれも飲酒を奨励するに値するものではない.

有害なものを摂取する必要のない、健康増進のための効果的な方法は他にもたくさんあります.

ただし、すでに赤ワインを飲んでいるのであれば、やめる必要はありません(飲み過ぎている場合は別ですが……)。).

1日にグラス1~2杯を超えない限りは、体に良いことだけをするはずです。.

バナナ。バナナの良し悪し?
あなたへの提案: バナナ。バナナの良し悪し?

この記事を共有する: Facebook Pinterest WhatsApp Twitter
この記事を共有する:

あなたが好きかもしれないより多くの記事

赤ワイン良いのか悪いのか?”を読んでいる人は、次の記事も大好きです。

トピック

すべての記事を閲覧する