🥑 できるだけ早く体重を減らすための3つの簡単なステップ. 今すぐ読む

ビタミンA

効能、欠乏症、毒性など

ビタミンAは脂溶性の栄養素で、体内で重要な役割を担っています。この記事では、ビタミンAについて、その効果、ビタミンを含む食品、欠乏と毒性の影響などについて解説します.

証拠に基づく
この記事は、専門家によって書かれ、専門家によって事実が確認された科学的証拠に基づいています。
私たちは議論の両側を見て、客観的で、公平で、正直になるよう努めます。
最終更新日は 2022年10月24日、専門家による最終レビューは 2022年8月1日です。

ビタミンAは脂溶性の栄養素で、体内で重要な役割を担っています.

食品に自然に存在し、またサプリメントで摂取することもできる.

ビタミンAについて、その効果、含有する食品、欠乏や毒性の影響などについて解説します.

ビタミンAとは?

ビタミンAは単体の栄養素と思われがちですが、レチノール、レチナール、レチニルエステルなどの脂溶性化合物の一群のことです.

ビタミンAは、食品に含まれる2つの形態があります.

ビタミンAの前駆体であるレチノールやレチニルエステルは乳製品、レバー、魚などの動物性食品にのみ含まれ、プロビタミンAカロテノイドは果物、野菜、油などの植物性食品に多く含まれる。.

この2つのビタミンAを利用するには、体内で活性型ビタミンであるレチナールとレチノイン酸に変換する必要があります。.

ビタミンAは脂溶性であるため、体内の組織に蓄積され、後で使用することができます.

体内のビタミンAのほとんどは、レチニルエステルという形で肝臓に保管されています.

このエステルは、全トランスレチノールに分解され、レチノール結合タンパク質に結合します。そして、血流に乗り、体内で利用されるようになります。.

概要: 「ビタミンA」は、動物性および植物性食品に含まれる脂溶性化合物群の総称である。.

体内での機能

ビタミンAは健康維持に欠かせない栄養素です。細胞の成長、免疫機能、胎児の発育、視力をサポートします.

ビタミンAの最もよく知られた機能の1つは、視力と目の健康に関与することです.

活性型ビタミンAであるレチナールは、オプシンというタンパク質と結合して、色覚や弱視に必要な分子であるロドプシンを形成します.

また、目の一番外側にある角膜や、目の表面とまぶたの内側を覆う薄い膜である結膜の保護・維持にも役立っています.

さらに、ビタミンAは、皮膚、腸、肺、膀胱、内耳などの表面組織の維持にも役立っています.

感染症から体を守る白血球の一種であるT細胞の増殖と分布をサポートすることで、免疫機能をサポートする。.

ビタミンAは、皮膚細胞の健康、男性・女性の生殖機能の健康、胎児の発育をサポートします。.

概要: ビタミンAは、目の健康、視力、免疫機能、細胞の成長、生殖、および胎児の発育に必要です。.

ビタミンAの健康効果

ビタミンAは、様々な形で健康に寄与する重要な栄養素です.

強力な抗酸化作用

βカロテン、αカロテン、βクリプトキサンチンなどのプロビタミンAカロテノイドは、ビタミンAの前駆体で、抗酸化作用がある.

カロテノイドは、フリーラジカル(酸化ストレスにより身体に害を及ぼす反応性の高い分子)から身体を守る。.

酸化ストレスは、糖尿病、癌、心臓病、認知機能低下などの慢性疾患と関連があるとされている.

カロテノイドを多く含む食事は、心臓病、肺がん、糖尿病など、多くの疾患のリスク低減と関連している.

目の健康と黄斑変性症の予防に不可欠な成分

上記のように、ビタミンAは視力や目の健康に欠かせない栄養素です.

ビタミンAの十分な摂取は、加齢黄斑変性症(AMD)など、特定の眼病に対する予防に役立ちます。).

ベータカロチン、アルファカロチン、ベータクリプトキサンチンの血中濃度が高ければ、AMDのリスクを最大25%減少させる可能性があるという研究報告があります。%.

このリスク低減は、カロテノイド栄養素が酸化ストレスのレベルを下げることによって黄斑組織を保護することと関連している.

特定の癌を予防する可能性

カロテノイドを豊富に含む野菜や果物は、その抗酸化作用により、ある種の癌を予防する可能性があります。.

例えば、1万人以上の成人を対象とした研究では、α-カロテンとβ-クリプトキサンチンの血中濃度が最も高い喫煙者は、これらの栄養素の摂取量が最も少ない非喫煙者に比べて、肺がんによる死亡リスクがそれぞれ46%と61%低いことが明らかになりました。.

さらに、試験管を使った研究では、レチノイドが膀胱がん、乳がん、卵巣がんなどの特定のがん細胞の成長を抑制することが実証されています。.

生殖機能と胎児の発育に不可欠

ビタミンAは精子や卵子の発育に関与するため、男性・女性両方の生殖に不可欠な栄養素です.

また、胎盤の健康、胎児組織の発達と維持、胎児の成長にも重要な役割を担っています.

したがって、ビタミンAは、妊娠中の人、その胎児、そして妊娠を希望する人の健康に不可欠である.

免疫力を高める

ビタミンAは、病気や感染症から体を守る反応を促進することにより、免疫の健康に影響を与えます。.

ビタミンAは、病気を防ぐ免疫反応の中心的な役割を果たすB細胞やT細胞などの特定の細胞を作ることに関与している.

この栄養素が不足すると、炎症性分子が増加し、免疫系の反応と機能が低下します。.

概要: ビタミンAは、酸化ストレスを抑制し、免疫力を高め、特定の疾患から保護することで、健康にプラスの影響を与えます。.

ビタミンA欠乏症

ビタミンAの欠乏は、米国などの先進国では稀ですが、発展途上国では一般的です。発展途上国では、ビタミンAやプロビタミンAカロテノイドを含む食品を入手することが困難な場合があります。.

ビタミンCは1日にどれくらい摂ればいいのか?
あなたへの提案: ビタミンCは1日にどれくらい摂ればいいのか?

ビタミンAの欠乏は、深刻な健康障害を引き起こす可能性があります。.

世界保健機関によると、ビタミンAの欠乏は、世界中の子どもたちが予防可能な失明をする最大の原因であるとされています.

また、ビタミンAの不足は、はしかや下痢などの感染症の重症化と死亡リスクを高めます.

さらに、ビタミンAの欠乏は妊婦の貧血や死亡のリスクを高め、成長と発達を遅らせることで胎児に悪影響を及ぼすことが研究で明らかにされています.

ビタミンA不足の軽い症状としては、角化症やニキビなどの肌トラブルがあります.

未熟児、嚢胞性線維症の人、開発途上国の妊娠中または授乳中の人など、特定のグループはビタミンA欠乏のリスクが高い。.

**概要:**ビタミンAの欠乏は、失明、感染症リスクの増加、妊娠合併症、皮膚の問題の原因となる可能性があります。.

ビタミンAの食品源

ビタミンAとカロテノイドの両方が含まれる食品は数多くあります。.

植物由来のプロビタミンAカロテノイドよりも、前形成型ビタミンAの方が体内への吸収・利用率が高い.

ベータカロチンなどのカロテノイドを活性型ビタミンAに効果的に変換する体内の能力は、遺伝、食事、健康全般、薬など多くの要因に左右されます。.

このため、植物性の食事をする人、特に菜食主義者は、カロテノイドを豊富に含む食品を十分に摂取するよう注意する必要があります。.

前段階のビタミンAを多く含む食品は以下の通りです。:

βカロテンなどのプロビタミンAカロテノイドを多く含む食品は以下の通りです。:

概要: 前成ビタミンAはレバー、サケ、卵黄などの動物性食品に存在し、プロビタミンAカロテノイドはサツマイモ、ケール、ニンジンなどの植物性食品に含まれています。.

ビタミンAの毒性および投与量に関する推奨事項

ビタミンAの欠乏が健康に悪影響を及ぼすように、摂りすぎもまた危険である.

ビタミンAの推奨摂取量(RDA)は、1日あたり男性900mcg、女性700mcgとされています。この摂取量は、完全食品を多く摂取していれば、簡単に達成することができます。.

ただし、毒性を防ぐために、耐容上限摂取量(UL)である成人1日10,000IU(3,000mcg)を超えないようにすることが重要である.

ビタミンAの毒性は、サプリメントの過剰摂取やイソトレチノインなど特定の薬剤による治療が最も一般的とされています。.

ビタミンAは脂溶性のため、体内に蓄積され、時間が経つと不健康なレベルに達することがある.

ビタミンAを過剰に摂取すると、深刻な副作用を引き起こし、信じられないほど大量に摂取した場合は、命にかかわることもある。.

ビタミンAの急性毒性は、一度に多量のビタミンAを摂取した場合に短期間で生じる。慢性毒性は、推奨される食事許容量の10倍以上の量をより長期間にわたって摂取した場合に起こる。.

慢性的なビタミンA中毒(しばしばハイパービタミノーシスAと呼ばれる)の最も一般的な副作用は以下の通りです。:

急性ビタミンA中毒は、慢性ビタミンA中毒ほどではないが、肝障害、頭蓋内圧の上昇、さらには死亡など、より重篤な症状を伴う.

あなたへの提案: グルタミン。効果、用途、副作用

さらに、ビタミンAの毒性は、妊娠中の人や赤ちゃんの健康に悪影響を与え、胎児の不規則な発育を引き起こす可能性があります。.

毒性を避けるため、高用量のビタミンAサプリメントは控えること.

ビタミンAのULは、動物由来のビタミンA食品とビタミンAサプリメントに適用されます。.

食事からカロテノイドを多く摂取しても毒性はないが、ベータカロテンサプリメントとタバコを吸う人の肺がんや心臓病のリスク上昇を関連づける研究結果がある.

ビタミンAの摂りすぎは有害なので、ビタミンAのサプリメントを摂取する前に、専門家に相談してください.

**概要:**ビタミンAの毒性は、肝障害、視力障害、吐き気、さらには死亡などの悪影響を及ぼすことがあります。医療専門家が処方しない限り、高用量のビタミンAサプリメントを摂取しないでください.

概要

ビタミンAは、免疫機能、目の健康、生殖、胎児の発育に不可欠な脂溶性の栄養素です。.

不足しても過剰摂取しても、重篤な副作用を引き起こす可能性があります。したがって、成人の1日の推奨食事摂取量700~900mcgを満たすことが重要ですが、1日の上限である3,000mcgを超えないようにすることも不可欠です。.

健康的でバランスのとれた食事は、この必須栄養素を体に安全に供給するための素晴らしい方法です.

この記事を共有する: Facebook Pinterest WhatsApp Twitter
この記事を共有する:

あなたが好きかもしれないより多くの記事

ビタミンA:効果、欠乏症、毒性など”を読んでいる人は、次の記事も大好きです。

トピック

すべての記事を閲覧する